スカイスキャナーは、各航空会社の運賃比較サイトで、安い航空券を探すことができます。
それぞれの出発地、目的地「チェンマイ」、出発日、現地出発日(帰国日)を入れて検索します。
するとLCCの最大手エアアジアが、がーーーーと出て来て、後に香港エクスプレスなどの格安航空会社が先頭ときって、後タイ国際航空、大韓航空、キャセイ・パシフィック航空などの一般航空会社が出てきます。
素直な人はエアアジアに即決でしょうね。
他のサイトで、安いはずのエアアジアが出てこないのは、手数料をくれないからです。。
 
タイ・エアアジア・エアアジアX 
 
エアアジアは、マレーシアの政府系の航空会社だったが破綻寸前で、企業家のトニー・フェルナンデス(ゴーンではない)が、30円で買って1年で黒字化した。
LCCの草分け的存在。
座席が豪華革張りなのは、清掃を簡素化するため。
会社のHPから直接予約する
香港エクスプレス 
 
香港エクスプレスは、香港のFSCだが、後にLCCに鞍替えした。
セールすを頻繁にするので、香港までは激安の料金の時がある。
香港からはチェンマイに直行する。 
会社のHPから直接予約する
タイ国際航空 
 
タイ国際航空は タイの半官半民の世界でも有数の航空会社。
2006年「ベスト・キャビン・スタッフ&ベスト・エアライン」賞を受賞。
老舗でサービスは充実している。
機種選定などで政治家や天下り官僚のカモにされ、近年は赤字が続きで、5000人リストラ。
役人体質だが政府系なので潰れることはないでしょう。
昔のJALです。
会社のHPから直接予約する
 大韓航空
  
機内食は何度か賞を受賞するほど評価が高いが、・・・その食べ物がらみでたびたび事件を起こしている。
創業家の趙一家のワンマン経営。
娘の副社長趙顕娥(チョ・ヒナ)がひき起こした「ナッツ・リターン事件」は世界に配信され有名になった。
副社長が、CAのマカデミアンナッツの出し方が悪いといちゃもんをつけ、滑走路に進行中の航空機をひきかえさせた。
その前にも、お客の大企業のえらいさんが、機内食のラーメンにいちゃもんをつけ、CAに暴行する「ラーメン事件」があった。
いつも楽しませてくれる航空会社。
韓国からはチェンマイに直行する。
会社のHPから直接予約する
 キャセイ・パシフック航空
  
アメリカ人とオーストラリア人が中国大陸で運航しはじめた航空会社。
香港に移り、中国の世界の窓口とし発展した。
世界でもシンガポール航空とならび、そのトップクラスのサービスは世界的に評価が高い。 
荷物などはきまじめにチェックされる。
香港からチェンマイに直行する。
会社のHPから直接予約する
LCCと大手航空会社の違いをザックリと表にしてみました。
格安航空会社はローコストキャリア(LCC)、一般航空会社はフルサービスキャリア(FSC)とよばれるので、
つまりLCCは、「サービス無にして安くするよ」という航空会社。
わかりやすく、言いきってみましたが、LCCの各社の競争もあり、必ずしもそうでない場合もあります。
大手航空会社のチケットでも条件によって変更・払い戻しができない場合もあります。
格安航空会社と大手航空会社のメリット・デメリットの差が、価格の差になりますが、LCCでも、その差をオプションでつみ増して行くと、大手航空会社と同じような値段になることもあります。
 
 同じ条件で、LCCのエアアジアのサイトで直接予約してみると、38,260円となる。
FSCのタイ国際航空は50,157円で、機内食あり、預け手荷物20kg無料。
これをエアアジアで、オプションサービスをつけて、同等のサービスにしてみたら、52,846円となってしまった。
その場合は、常識的には信頼感のある老舗ブランドのタイ国際航空をお薦めする。
親方三色旗で、昔のJALのようにいつも赤字をたれ流していますが、客室アテンダントはいいとこの娘しかとらないからおっとりしたお嬢様。
制服は伝統の紫。
エアアジアはベンチャーでイケイケの航空会社。
制服は眩しい赤で、体のホルムをタイトに包んでいる
わたしはだんぜん赤派、イケイケ感が好き。(個人の感想です。)
つまり、LCCが最適な人は、荷物など持たず、簡単な衣に、肩かけバッグ、機内は瞑想と断食修行の場とする人。
現地でお土産など、世間の煩わしい縁のものは買わない。
FSCの機内食はインクルードだからあまり価値を感じないが、LCCは別に金を出しているので力がはいる。
美味しい、金出してるから。
オプションをつけてない人の羨望のまなざしと飢餓感を感じながら優越感にひたって食べる。
そういう俗世間的な楽しみ方もある。
チェンマイ国際空港行きの航空券は、年間平均で約63,525円(大人1名あたりの往復運賃) です。
5〜11月までは相場が安く、最安値になるのは6月。
往復航空券の価格は年間平均より23%ダウンし、約50,000円です。
7〜8月は年間平均より8%安い約59,700円が相場。
9月も年間平均より12%安く6万円以下で往復航空券を利用できます。
4月は1年で最も高い時期で、相場は平均運賃より10%高い約71,500円まで上がります。
2月と12月は航空券の価格が70,000円〜71,000円台で、比較的高いシーズン。
初夏から秋にかけて相場の安い時期がしばらく続き、格安航空券を利用しやすい路線のひとつです。
(各社航空券比較サイトのスカイスキャナーの記事を転載しております。)
最近はネットの航空券比較サイトで安いチケットを予約するのが主流ですが、不安な方は旅行代理店にご相談ください。
チケットの購入は直近では高く、3週間前くらいまでに購入すると5%位節約できます。
基本的に1つの経由地をはさんでチェンマイ空港に向かいます。バンコクを経由する場合は、空港がドン
ムアン空港(DMK)とスワナプーム空港(BKK)の2つありますのでご注意ください。授業は
18:00終わりです。最終日に帰国する場合はプラス2時間の20時以降に帰国便をおとりください。スクールから空港までは車で15〜30分(渋滞時)位です。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
inserted by FC2 system